11月24日(土) | KAMOSU

KAMOSU DAY ~ スローフード ~

今回のテーマは「 スローフード 」 スローフードって何だろう? スローフードは、1980年代にイタリアのピエモンテ州ブラという小さな街で始まった、郷土に根付いた農産物や伝統的な食文化を守ることを目的とした草の根運動から生まれた言葉です。 今では160か国以上の国に広がる国際組織となっているスローフード運動ですが、それぞれの家庭で始められるスローフードを一緒に考えてみませんか。 身近な生活の中で食べるものの作られる過程や土地に根差した豊かな食文化をそれぞれが見つめ直してみることは小さくも確実なスローフードの一歩だと感じます。
お申し込みの受付は終了しました。
KAMOSU DAY  ~ スローフード ~

日時・場所

2018年11月24日 11:00 – 18:00
KAMOSU, 日本、〒251-0028 神奈川県藤沢市本鵠沼4丁目14−12

出展者紹介

日本のスローフードともいえる手前味噌作り体験をはじめ、固定種、在来種の美味しい野菜やタネの販売、自然栽培米の量り売り、古代小麦を使ったおやつをご用意してお待ちしております。

※手前味噌作り体験については、材料手配の都合によりご予約をお願いいたします。

<手前味噌作り体験WS>

畑の肉と言われる大豆の栄養と発酵パワーがぎっしり詰まった味噌は、日本人のソウルフード、パワーフードですね!手作り味噌の楽しさと美味しさを一人でも多くの人に知ってもらいたいので、小さなお子様の参加も大歓迎です。大豆をつぶすところから一緒にやりましょう。

▷時間

①11月24日(土)11:00-12:00

②11月24日(土)15:00-16:00

▷定員 

各回5組

▷参加費

2,000円

自然農法米の糀と循環型農法で栽培された大豆を使った味噌1キロ分のお持ち帰り付き

▷お申込み

info@kamosu-life.com またはFBメッセージをお送りください。

~スローフードとは~

1980年代にイタリア北部ピエモンテ州のブラという小さな町で始まったスローフードの活動。

郷土に根付いた農産物や伝統的な食文化を守ることなどを目的として始まった草の根運動は、カタツムリのシンボルマークが表すようにじわじわと広がり、スローフード協会として今では世界160カ国以上で活動している国際組織となっています。

スローフード協会主催の国際的なイベント「テッラ・マードレ」(“Terra Madre”=イタリア語で「母なる大地」という意味)は誰でも参加でき、食を通して世界の人とつながれるイベントです。

先日テッラマードレの開催にあわせて、おいしいでつながる仲間たちとイタリアに渡り、現地の食文化やスローフードを体験し、見てきたこと、感じてきたこともお伝えします!!

スローフードってなんだろう、という方もどうぞ気軽に遊びにきてくださいね♪

シェア