かもす日々

移住は考えてないけど、伊那小学校の教育プログラムに興味があり、昨日参加したオンラインツアー。 2年生の算数の授業として、校庭で飼ってるヤギの体重を測る様子に、我が家の2年生も釘付けになって見てました。

通知表がない、チャイムもない伊那小独自の授業内容は、公立小学校として学習指導要綱に沿った内容で展開されているそうです。エディブルスクールヤードと同じく、公立学校でこんな授業もできるんだ〜とわくわくしてしまいました。

伊那小のホームページに紹介されている授業の様子を見てみると、2年生だと、醤油作りをするクラス、ヤギたちのお世話をするクラス、近くの森に毎日通って学ぶクラスとあり、どれも楽しそう。 うちの子は、学校は好きなようですが、授業は教科書読んでるだけでつまんない、とよく言ってます。

先生たちそれぞれ、限られた時間の中でいろいろ健闘してくださってることもよくわかります、が、学校でも家庭の中でも、子どもたちが知りたい、やってみたいと目をひそかにきらんと光らせる瞬間がたくさんあるといいなぁって思います。

新たな試みとして、ショッピングバッグの通い袋的な貸出しを始めます!

レジ袋有料化も始まり、マイバッグを持ってお買い物に行く方も増えていますね。

カゴバッグや布バッグなどお持ちになってお買い物に寄ってくださる方が多く、KAMOSUでは、紙袋以外のレジ袋のご用意はしておりませんが、お散歩ついでに寄ってくださったり、うっかりお買い物袋を忘れたり、思いのほか荷物が増えたり、そんな時ありますよね。

そんな時には、こちらのショッピングバッグをお貸しします!

次回お買い物に来てくださる際に返却いただけたら、次はまた別のどなたかのところへ。ブーメランバッグっていうんですかね。通い袋みたいな使い方ができたら面白いかなぁと思っています。

エコバッグとして新たなモノを増やして販売するのもなんだか違うかなぁと思い、貸し出しスタイルでまずはやってみたいと思います。ぜひご利用くださいね。


量り売りコーナーのものは容器を持参くださる方も増えて嬉しいです。容器を持っていなくても、お出かけついでにでも気軽に量り売りでのお買い物をしていただけるようにお持ち帰り用の紙製小袋もご用意していますが、豆類などはリユースできる布バッグで持ち帰ってもらうのも便利かなと思い、端切れ布でかわいく作ってもらった布製巾着を販売中です。

こちら、ひとつひとつ手刺繍でKAMOSUのロゴとナンバリングの数字が刺繍してあるんです!

ひとつひとつ違う柄の組み合わせが選ぶ楽しさをくすぐられます。写真でご紹介する前にすでに残りわずかとなっておりますが、ドライフルーツやナッツなどお土産を入れてそのままプレゼントしたり、ポーチとして別の用途で使っていただいても🙆‍♀️

食べ物も運べて、洗って何度でも使えて、何個あってもなにかと使える巾着、最強ですね!

ショッピングバッグと巾着は、昨年開催したチャリティイベントでもたくさん手仕事の作品をご提供くださった由利さんのご協力によるものです。

こんなことがしたいなぁと思っていたところ、端切れを使って何か作りましょうかと、タイムリーに声を掛けてくださって、あっという間に仕上げてくださいました。由利さん、どうもありがとうございます!

布製のショッピングバッグがあまりにかわいくて、自分用にもひとつオーダーしたいなぁとひそかに狙っております😉

昨日の絵本読み聞かせ会with madam @ma.dam.m


朝から晴れ間も出たりして、雨に降られず開催できてホッとしていたら、第一部の子供向けの会が終わる頃にはまさかのカミナリ様まで登場の大雨となり、みんなでおへそを隠しながら雨宿り。なんとも印象に残る1日となりましたが、不安定なお天気の中お集まりくださった皆さん、ありがとうございました!


かわいい赤ちゃんたちから小学生のお姉ちゃんたち、そしてかつて子供だった大人たち、みなさんそれぞれに、マダムさんの絵本の世界に引き込まれて楽しんでくださっている様子を後方から眺めて嬉しくなりました。

マダムさんはやっぱり読み聞かせ女優なのでした!

ぶどうの実の下で読むのにこれはどうでしょう?と見つけてきてくださった「ぶどう畑のアオさん」を始め、どの絵本もマダムさんが想いを込めてセレクトしてくれたもの。


お母さんたちに向けた「Today 今日」という詩の朗読は、この日来てくれた大人たちみんなへのマダムさんからのプレゼントでしたね♡ 私も、子供がまだ赤ちゃんだった頃の日々のことを思い出しては涙が滲んでしまいました。

デッキのぶどうの実が美味しそうに色付いた頃、またご一緒に集えたらいいですね!


マダムさん、どうもありがとうございました✨✨

Copyright © KAMOSU,All Rights Reserved